業種別の課題を解決
【社会福祉法人】

課題を解決 
【社会福祉法人】

社会福祉法人に特有の課題にお悩みの際はぜひご相談ください。
豊富な知識と経験で解決をサポートいたします。

お悩み例1.
 『常勤換算』の算出に非常に手間がかかっている

  • 医療・福祉事業の運営においては、配置された職員が施設の必要人員数を満たしているかを、『常勤換算』方法にて確認するよう定められているが、『常勤換算』の算出方法は病院や福祉施設の各サービス内容ごとに異なっており、計算式が複雑で大変手間がかかっている。
  • 出退勤のデータから自動的に常勤換算できるような仕組みが欲しい。

解決します!

勤務実績を元に、施設ごとの常勤換算数を自動で集計しExcelに出力できます。
手計算での時間を削減できるため、業務負荷を軽減できます。

お悩み例2.
複数の拠点における職員の勤務状況や資格情報をリアルタイムに把握できない

  • 病院、救護施設、特別養護老人ホーム、ケアハウス、老人デイサービスセンター、障害者更生施設、障害者療護施設、児童養護施設、助産施設、保育所など、各施設毎に勤務形態が大きく異なり出退勤の管理方法もバラバラのため、本部で各拠点の勤務実績をリアルタイムに把握することができない。
  • 個人情報が一元化されていないため、資格所有状況を踏まえた効果的な人員配置が行えず、人材不足に頭を悩ませている。
  • 各拠点から送られてくる勤務データの集計・登録作業が給与処理前に集中するため、本部給与担当者に大きな負荷がかかっている。

解決します!

各施設の勤務状況をリアルタイムに把握でき、シフトや資格状況を踏まえた柔軟な人員配置変更が可能になります。
また勤務実績データを自動で取り込めるため、給与業務の効率化が図れます。

お悩み例3.
 複雑な勤務形態の管理と給与業務に手間がかかる

  • 医師、看護師、介護職員、看護職員、栄養士、保育士など、医療・福祉・介護現場における多種・多資格の職員が、日勤・夜勤などの交代制やフレックス・変形労働時間制など、多岐にわたる就業スタイルで働いており、勤務管理や給与計算処理が非常に煩雑である。
  • 慢性的な人材不足の中、非常勤職員が少しでも多く働けるように勤務条件を整えたり、新規採用時に応募者のニーズに合わせて個々に勤務条件を決めるなど柔軟な対応を行いたいが、システムで対応しきれず労務管理の手間が増えて困っている。

解決します!

フレキシブルかつ豊富な項目設定により、1000通り以上の勤務形態を登録・管理できるため、複雑・多岐にわたる勤務形態にもお客様の運用に合わせて柔軟に対応できます。

お悩み例4.
 毎月の勤務表やシフト表の作成に手間がかかる

  • 職員の多くが日勤・夜勤・早出・遅出などの複雑な勤務パターンで働いており、毎月勤務シフトを作成するのに手間がかかっている。
  • 各施設ごとに紙やExcelなどでシフト表を作成していため、急なシフト変更が起きた場合にヘルプ可能な職員を探すのに苦労している。

解決します!

簡単かつわかりやすい操作画面で、現場責任者が効率よくリアルタイムでシフトの予実管理を行うことができ、急なシフト変更時もヘルプ可能な要員を迅速に探すことができます。

お悩み例5.
 現場で労務管理が適正に行えているか不安である

  • 本部で各拠点の勤務実績をリアルタイムに把握することができないため、長時間労働や無理なシフトを組んでいる施設がないかなど、労務管理チェックが行えない。
  • 勤務実績に合わせて、時間外手当や割増賃金などが正しく支払われているか不安である。

解決します!

各施設の勤務状況をリアルタイムに把握するだけでなく、あらかじめ設定した時間外限度時間や深夜勤務回数などをアラート通知することで、不測のトラブルを未然に防げます。

資料のご請求・ご質問・無料相談のご利用など
お気軽にお問い合わせください。


Page Top