業種別の課題を解決
【小売・サービス業】

課題を解決 
【小売・サービス業】

小売・サービス業に特有の課題にお悩みの際はぜひご相談ください。
豊富な知識と経験で解決をサポートいたします。

お悩み例1.
 労務コンプライアンスへの対応が急務である

  • 名ばかり管理職や、過重労働問題、賃金不払い問題などの労務課題に対し、早急な対応を迫られている。
  • 度重なる改正労働基準法に応じて、パート・アルバイト、派遣社員など多様化する就業形態へ適時対応しなければならないが、現状の管理方法では対応しきれない。

解決します!

各施設の勤務状況をリアルタイムで把握し、出退勤時間と勤務実績の乖離時間管理や、36協定違反を未然に防ぐアラート機能などにより、適正労務管理を実現します。

お悩み例2.
 多数の店舗・拠点における勤怠集計・給与計算が手間である

  • 各店舗から勤怠データがバラバラに届くため、手作業で勤務実績の集計を行わなければならず、給与処理前の勤怠データの集計・登録作業に大きな負荷がかかっている。
  • 各店舗から届いた勤怠データに問題があった際に、現場への確認・修正に時間がかかる。
  • 作業内容やシフトの時間帯、勤務場所によって単価が異なる場合があり、勤務実績に基づく給与計算に手間がかかる。

解決します!

タイムレコーダーやICカード、ワークフロー申請との自動連携により、各店舗の勤務実績をリアルタイムで確認でき、勤怠集計の作業や給与計算の手間も大幅に削減できます。

お悩み例3.
 人時生産性を把握して売上とサービス品質を向上させたい

  • 店舗における日々の労働時間が売上や繁閑予測と連動していないため、不足・余剰人員が発生しやすい。
  • 店舗や時間帯別の従業員の過不足状況を把握し、店舗間の応援も含めた適正な人員配置を行いたい。

解決します!

店舗ごとに時間帯別労働時間とPOSシステムのデータを連携することで人時生産性を把握できるため、適正な人員配置による店舗収益の改善とサービス品質の向上を実現します。

お悩み例4.
 シフト作成や人員調整を効率よく行いたい

  • 店舗ごとにExcelや紙でシフトを管理しているため、急な変更が起きた場合にシフトを再調整するのに手間がかかる。
  • シフト管理がシステム化されていないため、本部で各店舗のシフト状況を把握できず、店舗間の応援指示など臨機応変な人員調整がスムーズに行えない。

解決します!

簡単かつわかりやすい操作画面で、現場責任者が効率よくリアルタイムでシフトの予実管理を行うことができ、急なシフト変更時も店舗の状況を見ながら迅速に人員調整を行えます。

お悩み例5.
 採用時の雇用契約業務を効率化したい

  • パート・アルバイトの採用時に、店舗と本部で人事データの二重登録やタイムラグが発生してしまう。
  • 店舗で雇用契約書を交わすため、法的チェックが曖昧で書類の不備が発生しやすく、確認や書 類のやり取りに手間がかかる。

解決します!

店舗で登録した雇用契約情報をシステムで自動チェックし、人事・給与システムに自動連携できます。
これにより煩雑な雇用契約業務を、法令に則って効率よく行えるようになります。

資料のご請求・ご質問・無料相談のご利用など
お気軽にお問い合わせください。


Page Top