就業・労務管理システム

 就業・労務管理システム 
5つの特長

出退勤データの管理やシフト管理、適正労務管理を実現

POINT 1

適正労務管理を実現する3段階モニタリング

適正な労務管理を実現すべく、従業員・部門長・人事部それぞれのポータル画面を用意。立場と役割に応じて勤務状況やアラート情報、ワークフロー申請状況をリアルタイムに表示し、日々の勤務状況を3つの視点でモニタリングすることで、管理・指導・改善を強力に促進します。

ポータル画面
point 2

コンプライアンスの強化を図るPush型労務管理

36協定の限度時間や所定外労働時間などのチェックポイントをアラートでお知らせし、”気付き”を与えることで、全従業員に労務管理に対する意識付けを行い、セルフマネジメントを促します。
またパートタイム労働者の勤務限度時間を、社会保険の加入用件にあわせてアラート通知することで、限度時間の超過を未然に防ぐことができます。

アラート画面
point 3

高性能な申請ワークフロー機能

ワークフロー機能を利用して、時間外勤務や休暇などの各種申請・承認をWeb画面から行うことで、ペーパーレス化と業務の効率化を図れます。あらかじめ設定した限度時間や回数等により、ワークフロー申請時にエラーチェックやアラート表示を行ったり、申請や承認状況をメールでお知らせすることが可能です。
また国内シェアNo.1のワークフローエンジンintra-martを採用しているため、社内の共通プラットフォーム構築にも最適です。

ワークフロー
point 4

多様化する雇用・勤務形態に柔軟対応

常勤・非常勤、フレックス勤務、変形労働制、裁量労働制、交代勤務、シフト勤務、時短勤務、テレワークなど多様な勤務形態に対応しており、1つのシステム内で複数の勤務形態を管理することができます。
また、雇用形態ごとに勤怠の締日を変更することも可能で、あらゆる業種・業態の勤怠管理に対応できます。

point 5

簡単かつわかりやすいシフト管理機能

簡単かつわかりやすい操作画面を採用し、人事部だけでなく工場や店舗でもWeb画面から視覚的に月単位、週単位、日単位のシフトカレンダーを作成できます。あらかじめ休日やシフト区分を登録するパレット機能やシフトパターン登録機能を活用することで、素早くシフトの作成を行えます。

シフト管理

資料のご請求・ご質問・無料相談のご利用など
お気軽にお問い合わせください。


Page Top