業種別の課題を解決
【病院・医療機関】

課題を解決 
【病院・医療機関】

病院・医療機関に特有の課題にお悩みの際はぜひご相談ください。
豊富な知識と経験で解決をサポートいたします。

お悩み例1.
 多様な職種の給与計算業務が煩雑である

  • 医師・看護士・薬剤師・保健師・放射線技師・臨床検査技師・理学療法士・介護福祉士・栄養士・医療事務など、職種が多岐に渡る上、それぞれの専門性が異なるため、手当の種類や計算式が複雑で給与計算業務が非常に煩雑である。

解決します!

フレキシブルかつ豊富な項目設定により、様々な手当や勤務形態を登録・管理できるため、複雑・多岐にわたる給与計算もお客様の運用に合わせて柔軟に対応できます。

お悩み例2.
 複雑な勤務形態の管理と勤務実績の集計に時間がかかっている

  • 医師や看護師などさまざまな職種のスタッフが24時間体制で働いており、3交代制やフレックス・変形労働時間制など多岐にわたる勤務形態の管理が非常に煩雑である。
  • 勤怠管理方法が職種によってバラバラのため、手作業で勤務実績の集計を行わなければならず、給与処理前の勤務データの集計・登録作業に大きな負荷がかかっている。

解決します!

職種に応じて1000通り以上の勤務形態を登録・管理できます。
またタイムレコーダーやICカードとの自動連携により、勤務実績の照合や集計に費やす時間を大幅に削減できます。

お悩み例3.
 毎月の勤務シフトの作成に手間が掛かかっている

  • 勤務シフト作成がシステム化されておらず、看護師等の毎月の勤務表作成に手間がかかっている。
  • 各セクションごとに紙やExcelなどでシフト表を作成しているため、急なシフト変更が起きた場合にヘルプ可能なスタッフを探すのに苦労している。

解決します!

簡単かつわかりやすい操作画面で、現場責任者がリアルタイムで効率よくスタッフをマネジメントでき、急なシフト変更時も迅速にヘルプ要因を調整することが可能です。

お悩み例4.
 診療報酬の要件に見合う適正な人員配置を行いたい

  • 診療報酬の要件を満たした適正な人員配置を行いたいが、事務局で各セクションごとの常勤・非常勤の医師や看護師等の人数をリアルタイムで把握・調整できていない。
  • 診療報酬等に係る報告の際、要件を満たした人員配置が行えているかどうかの確認作業に手間がかかる。

解決します!

事務局で院内の人員配置状況をリアルタイムで確認できるため、診療報酬の要件に応じた人員調整や、実態の把握が可能です。

お悩み例5.
 現場における労務管理の見直し・改善が急務である

  • 医療機関に対する労働基準監督署の査察が近年増加しており、労務管理の見直しや労基法改正への適切な対応に迫られている。
  • 深刻な人材不足により、ワークライフバランスを考慮した労働環境改善を行い、定着率を向上させたい。

解決します!

各施設の勤務状況をリアルタイムに把握し、あらかじめ設定した時間外限度時間や深夜勤務回数などをアラート通知することで、適正な労務管理を促せます。

資料のご請求・ご質問・無料相談のご利用など
お気軽にお問い合わせください。


Page Top